Cambria Live Broadcast Manager

大量ライブ配信に適したパワフルな管理ツール

広告挿入、ライブ配信のスケジュールなどを処理しながら、完全に自動化されたライブ配信行う複数のCambria Liveを管理します。

お問い合わせ デモのリクエスト

Product Screenshot

SCTE104または様々な広告信号から広告ポッド挿入のSCTE35マーカーを作成します。

Product Screenshot

広告スプライスポイントを使用してESAM XMLをポスト/フェッチします。

Product Screenshot

放送システムに広告ブレークを動的に挿入し、複数のライブイベントを同時に監視します。
入力信号に広告挿入点が含まれない複数ライブイベントをCambria Live Ad Break Control UI上でライブ配信中にマニュアルで広告挿入ができます。

Product Screenshot

API経由で広告挿入情報を送信します。

Product Screenshot

ネットワーク上のCambria Liveワークステーションに障害が発生した際、そのネットワーク上の使用可能なワークステーションにジョブの再割り当てを行います。

Product Screenshot

バックアップシステムを追加することにより、完全冗長化できます。メインのCambria Live Broadcast Managerに障害が発生した場合、バックアップのCambria Live Broadcast Managerがダウンタイム無しに直ちにジョブを引き継ぎます。

Product Screenshot

通知機能によりライブ配信ジョブ処理状況およびCambria Liveマシンの状態が監視できます。

Product Screenshot

登録されたライブイベント配信を自動的に開始および終了できます。オペレーターによる個々のプロジェクト設定および定期イベントの事前設定が可能です。また、予定されたイベントの前に事前に準備されたコンテンツを配信するプリロール機能も含まれています。

Product Screenshot

ネットワーク上の各Cambria Liveワークステーションの動作状態を監視し、必要なら定期的にワークステーションの再起動を行いシステムの安定性を確保します。

Cambria Liveは素晴らしい製品です。私たちはCapellaチームと非常に密に協力しています。サーバーサイド広告挿入のためにCambria Liveを導入する多くのお客様はストレスと困難から解放されると確信しています。
Logo

- David Spingal

CTO兼共同創立者

Case Study