Cambria Cluster

大量ファイルをネットワーク内の複数のCambria FTCでスケーラブルにトランスコーディングします

複数のCambria FTCワークステーションが大量のビデオファイルを処理するスケーラブルなトランスコーディングネットワークです。Cambria Cluster Managerが、ネットワーク全体の処理をバランス良く割り当てるコントロールをします。

カタログのダウンロード デモのリクエスト

Product Screenshot

バッチトランスコーディングジョブを自動化します。ウォッチフォルダのプリセットを設定し、ファイルをドロップするだけで自動的に変換が開始されます。ウォッチフォルダは、FTP/ネットワークからの素材の取り込みやEmailによる通知などの変換後のタスクもサポートしています。

Product Screenshot

オンサイトのCambria Clusterが処理能力限界に達した際にファイル処理をクラウドサーバーに迂回してトランスコーディング容量を自動的に拡張します。

Product Screenshot

Cambria Clusterによって管理されている特定のCambria FTCワークステーションにタグを作成することで、タグ付きジョブがこのワークステーションに自動的に割り当てられます。

Product Screenshot

CPU使用率に基づいて、ワークステーションあたりのスロット数(同時に処理されるジョブ数)を自動的に調整します。

Product Screenshot

キューされたジョブに緊急のラベルを付けることで、各Cambria FTCワークステーションはトランスコーディング用の追加スロットを確保します。これにより緊急ジョブは高い優先順位で実行されます。手動で他のジョブの一時停止、再開などをする必要はありません。

Product Screenshot

ネットワークを介して複数のタスクが割り当てられている場合、各クライアントを特定のカテゴリのジョブに限定できます。

Product Screenshot

ClusterネットワークへのCambria FTCワークステーションの追加および削除が自由自在に行えます。また、各ワークステーション状態やトランスコーディングの状況を表示します。

Product Screenshot

オペレーターがウェブ経由でCambria FTCワークステーションをリモートで制御することができます。複数のオペレーターが、ジョブの追加、削除および再度キューの設定を行ったり、実行中のトランスコードジョブの状況をモニターしたりできます。

Product Screenshot

電子メール、HTTPおよびコマンドラインを介して、ジョブの完了やエラーを含む通知を送信します。

Product Screenshot

エラーになったジョブを別のCambria FTCワークステーションに自動的に再割り当てします。

Product Screenshot

完全な冗長性を持たせるため、各Cambria FTCワークステーションのデータベースのミラーリングバックアップを行います。

Cambria FTCのMXF素材ファイルのより堅牢な処理により、手動入力に費やす時間を短縮することで、ワークフローを最適化することができました。
Logo

- Jan Ekman

Senior System Engineer

Case Study