Cambria FTC

スマートで革新的な次世代トランスコーディングソフトウェア

将来保証のエンジン

既に8K、12ビット、HDRをサポートしています。また、メジャーなコーデックの64ビット処理もサポートしています。今後の新しいフォーマットにもすぐに対応できるように設計されています。

ブラックフレーム/カラーバー除去フィルタ

トランスコード中に、ブラックフレームおよびカラーバーを自動で除去します。

Amazon S3 サポート

Amazon S3クラウドストレージから直接ファイルを読み書きします。

オーディオ正規化

Cambria FTCは、EBU R128に適合するためのオーディオノーマライザーを装備しています。

ビデオ/オーディオの再ラッピングおよびパススルー

再エンコード無しにコンテナを変更します。メタデータを保存しながらAC-3オーディオのパススルーが可能です。また、ビデオデータを加工することなくオーディオを正規化します。

自動ターゲット設定

解像度、フレームレート、インターレース、アスペクト比など素材ファイルのプロパティに基づいてターゲット仕様を自動で設定できます。

オーディオおよびキャプション

マルチトラック処理エンジンは、各オーディオとメタデータトラックを独自のエンティティとして処理します。各オーディオトラックを個別に正規化し、異なる言語に対して複数のクローズドキャプションファイルを追加します。

最適なビットレートラダーで配信コンテンツを自動作成

素材ビデオのエンコーディングの複雑性に基づき、DASH、HLSまたはSmooth Streamingに使用されるビットレートラダーを自動で調整します。

ウォッチフォルダ

バッチトランスコーディングジョブを自動化します。ウォッチフォルダのプリセットを設定し、ファイルをドロップするだけで自動的に変換が開始されます。ウォッチフォルダは、FTP/ネットワークへの素材の返送やEmailによる通知などの変換後のタスクもサポートしています。

グローイングファイル対応

ある種のビデオフォーマットを使用する場合、素材ファイルの書き込み中またはディスクへのキャプチャ中に、トランスコードを開始できます。

最新のREST API

トランスコーディングジョブおよびリソースはAPIを使用して簡単に制御できます。Cambria FTCのRESTアーキテクチャは、ディベロッパーに良く知られているFacebookやTwitterなどの一般的なAPIに類似しています。

EZTitlesサブタイトルプラグイン

EZ TitlesプラグインはCambria FTC内でシームレスに動作して、EIA608、EIA708、DVBまたはテレテキストフォーマットでクローズドキャプションを書き込みまたは埋め込みます。複数の言語を個別のキャプショントラックとして埋め込みも可能です。

様々なワークフローに柔軟に対応できるスクリプト機能

Cambria FTCは、素材のプロパティに基づいてトランスコーディングオプション(エンコーディング、フィルタなど)を自動的に設定するスクリプトをサポートしています。自動制御が可能なワークフローの作成ができます。
ワークフローの例:

  • 素材と同じ解像度にエンコードし、解像度に基づいてビットレートを調整。
  • 素材解像度を超えるMPEG DASH解像度にエンコードをしない。
  • 素材にAC-3データが含まれている場合はオーディオパススルー。それ以外の場合は、AC-3にエンコード。
  • 同じベースファイル名で一致する素材ファイルにサブタイトルテキストファイルを焼き付け。

その他のフィルタ

色味調整、色空間範囲調整、601/709修正、ノイズ除去、時間軸ノイズ除去、ロゴ、テキスト焼き付け、テレテキスト焼き付け、DVBサブタイトル焼き付け、XMLタイトラ―、DVDサブタイトル焼き付け、サブタイトル焼き付け、クローズドキャプション焼き付け、SST、タイムコード焼き付け、タイムコード上書き、DVDマーカー、音量調整、オーディオサラウンドからステレオ変更、オーディオコンプレッサー、オーディオ遅延調整




Cambria Liveは素晴らしい製品です。私たちはCapellaチームと非常に密に協力しています。サーバーサイド広告挿入のためにCambria Liveを導入する多くのお客様はストレスと困難から解放されると確信しています。
Logo

- David Spingal

CTO兼共同創立者

Case Study